横浜中華街にある門「牌楼」
コラム

横浜中華街にある門「牌楼」

横浜中華街の門は牌楼といい、意味や役割があります。門には個々の色があって、これは古代中国が発祥とされる五行思想に基づいて門の色が定められています。

四神が宿る門

中国の神話では、青龍、朱雀、黄竜、麒麟、白虎、玄武という、天の四方角を司る霊獣がいると考えられ、門にはこの四神が宿るとされています。東西南北の門には霊獣にまつわる色にちなんで赤や緑や黒が装飾されています。

東の門と西の門

東にある朝陽門は、青い門はインパクトがあります。日の出を迎える門として朝日が街全体を覆い繁栄をもたらすとされています。西にある延平門は、緑が映えた門です。平和と平安のやすらぎが末永く続くことを願うとされています。

南の門と北の門

南にある朱雀門は、赤色の門をしています。厄災を払い大いなる福を招くといわれています。北にある玄武門は、装飾の緑が目にとまりますが、柱に方角色の黒が使われています。子孫繁栄をもたらす門とされています。

全部で10つの門

四方の門のほかにあと6つ門があります。ですから全部で10つの門があるのです。中国の歴史を感じながら食事などを楽しむのもいいですが、門は10つもあるので、歩いているといくつかの門を通ることになるので、少し立ち止まって意味に思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。