横浜のタクシードライバーの裏道の探し方
コラム

横浜のタクシードライバーの裏道の探し方

タクシードライバーはお客様を目的地までできるだけ短時間で送ることが仕事の1つです。特に急いでいるお客様ができるだけ早く目的地に到着できるよう、渋滞を回避することは重要です。そのため、抜け道や裏道を使って渋滞を避けてお客様をお待たせしません。

横浜で渋滞が起こりやすい道路

日本の渋滞ワーストランキングに入るほど、交通量が多く長い渋滞が起こるのが、東名高速道路です。次に渋滞が起こりやすいのは、保土ヶ谷バイパスです。国道16号線のバイパスで通行料金が無料なので、多くの車が利用するので渋滞が起きます。タクシードライバーは道路だけではなく混みやすい時間帯なども把握しています。

車の流れに注目している

タクシードライバーは混む道や時間帯を熟知しているので、渋滞に引っかかる前に対処します。タクシードライバーが注目しているのは、車の流れです。比較的狭い道幅の道路に車がよく入っていくようならそこは抜け道または裏道であることが多く、タクシードライバーは色々な道路の抜け道や裏道をよく知っています。

道を熟知している

渋滞が起こる道路と時間帯を把握していて、渋滞を回避するための手段である抜け道や裏道を熟知しています。そのためお客様を待たせることなく目的地まで運行します。

また、もし観光などでタクシーを使用する場合には、事前に送迎を行っているタクシー会社を調べておくと良いでしょう。
中には下記のようなコンシェルジュ同行型の観光タクシーなどを行っている会社もありますので、観光目当てでタクシーを使用する場合には、観光タクシーも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

【 参考サイト 】
横浜観光タクシー(完全同行型)|神奈川県横浜市や川崎市のタクシーなら平和交通
平和交通株式会社では、横浜観光コンシェルジュが同行する観光タクシーを行っています。様々な観光ルートプランに加えフリープランもありますので、気になる方は是非公式サイトからチェックしてみてください。